配送ドライバー

どのような仕事なのか?

配送ドライバーの主な仕事内容は、荷物を配達することです。ただし単に荷物を指定された場所に運べばそれで終わりというわけではありません。どの配送会社に勤めるのかによって多少の違いはありますが、基本的には自分が配達する荷物はドライバーが積み下ろしをします。そのためフォークリフトの免許がないと、採用してもらえないケースが少なくありません。中には荷物の梱包までドライバーが担当することがあります。他にも伝票の整理や、自分が乗るトラックの清掃や点検をします。セールスを兼ねている配送ドライバーがいて、配達が終わった後はいろんな企業に出向き、営業をしなくてはいけないことがあるのです。この場合は運転技術以外に、営業力が求められます。

知っておくと良いこと

配送ドライバーの給料ですが、働いている年数はあまり関係しないです。基本的に大きなトラックに乗り、より遠くの場所に荷物を運ぶほど、給料が高くなるのが一般的です。このことから中型トラックで近距離の配送をしているベテランより、大型で長距離を走る新人の方が良い給料になるケースがあるのです。もしも手っ取り早く稼ぎたいと考えているなら、大型運転免許証を取得して長距離を走る配送ドライバーの求人に応募すると良いです。それから配送会社にとって事故を起こされるのが一番困ります。場合によっては数ヶ月の営業停止になることがあるからです。そのため安全性運転ができる人を好みます。そこで何年も無事故無違反なら、教習所で運転記録証明書などを取り、面接の時に渡しておくと採用されやすいです。

ドライバーの募集は多くなっており、特に物流関係のドライバーが不足しているため高待遇で雇用されるチャンスです。