安全性を考慮して運転できるドライバー

ドライバーに求められるスキル

ドライバーは運転をして業務を行うので、事務職等と異なり多くの一般市民と関わりを持ちます。道路には歩行者や自転車だけでなく、自動車等も通行していますから、全ての存在に配慮する事が重要です。ドライバーが運転する乗り物には、会社の名前等が書かれている可能性もありますから、危険な運転をする事で会社のイメージを悪くしてしまうリスクがあります。

ドライバーは会社から雇われて運転をしている事を自覚する事が大切であり、安全運転ができるスキルが大切になってきます。安全運転は事故を起こさないだけでなく、歩行者の方等が安心して道路を使用できる環境作りに協力をする事であり、横断歩道等でしっかり一時停止できる優しい気持ちが大切です。

安全運転と同時にスピードも重要

プロのドライバーとして活躍するには、安全運転をしながら、交通ルールに適した範囲でスピードを持った仕事をする事が大切です。安全運転を意識し過ぎて、仕事のスピードが遅くなると業務に支障がでてきますから、安全と同時にスピードも求められます。特に時間配分が重要であり、頭の中で時間を的確に配分して、スピードある仕事を目指す事で、一流のドライバーに近づけます。

スピードと安全の両方を達成するには、信号の状態や歩行者や自転車等の有無等を的確に判断していく力が必要です。朝や夕方等で陽射しの状態にも変化がでますから、夕日で眩しい時や夜に真っ暗な道を走行する時等に常に最善の安全な走行を目指せる様に、準備をしておく事も大切です。

ひと口に運転手の求人と言っても地域によって仕事内容や待遇は様々です。荷物の運搬を専門に行ったり、観光客向けの送迎に特化しているなど会社によって仕事は異なります。待遇も拘束時間や技能の有無で変化します。