トラックドライバー

トラックドライバーの仕事内容

トラックドライバーの仕事は、主に荷物を目的地へ運ぶことですが、運転するトラックの大きさによって仕事内容が異なっています。まず2トン程度の小型トラックを運転する場合は、近距離での輸送がほとんどです。コンビニの商品を店舗に配送したり、宅配便などを会社や個人宅に届けたりする仕事があります。一方、4トン程度の中型トラックに乗る場合は、中距離から近距離まで、幅広く活躍できます。場合によっては長距離を依頼されるケースもありますし、取引先によっては泊まり込みの仕事になる場合もあるようです。続いて10トン程度の大型トラックですが、片道500kmを超えるような長距離運転になるケースが少なくありません。高速道路をはじめとした幹線道路を長時間にわたって運転するのが通例です。

トラックドライバーの配送の種類

トラックドライバーには定期便やルート配送、チャーター便、スポット輸送など、様々な配送の種類があります。定期便は配送先が予め決まっていることが多く、配達日時も定められている場合が多いです。運転ルートもしっかり決められていますし、仕事はしやすいと言えるでしょう。またコンビニや各種チェーン店などの配達に該当するのが、ルート配送です。店舗ごとに商品や荷物を降ろす必要があるため、比較的動きが多い仕事だと言えます。続いてチャーター便ですが、これは一言で表現するとトラックの貸し切りです。一台のトラックに積む荷物は一人の荷主の荷物だけで、他の荷物を混載することなく、目的地まで届けます。事務所の移転や引っ越しなどで、チャーター便となるケースが多いです。

運転手の募集を探す際には、運転する車の種類に応じて資格や免許が必要なものもあるため、確認が必要です。